ここから本文です

布袋寅泰、米独英にて『Strangers』スペシャルエディション発売

BARKS 7月10日(日)19時8分配信

布袋寅泰が7月8日、アルバム『Strangers -Special Edition-』をアメリカ、ドイツ、イギリスにてリリースした。

◆布袋寅泰 画像

『Strangers』は2015年、ワールドワイドリリースされたアルバムだ。特別盤となる『Strangers -Special Edition-』には「POWER」「Black Ships」「Move It(Hounds Remix・CD初収録)」「TRICK ATTACK」の4曲を追加収録している。

映画「キル・ビル」テーマソングとして世界的に知られる「Battle Without Honor or Humanity」、パンクメタルロックミュージックの先駆者・イギー・ポップが迫力のボーカルを聴かせる共作曲「How the Cookie Crumbles」と「Walking Through the Night」、ドイツのインダストリアルメタルバンド・ラムシュタインのリチャード・Z・クルスペをフィーチャーした「Move It」、ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタインのマット・タックとの強力タッグによる「Kill To Love You」など収録全曲が世界水準の『Strangers』に加え、前述の4曲が追加された特別盤は充実度も飛躍。輸入盤として日本国内でも店頭に並ぶ予定があるとのことなので、ファンはお楽しみに。

布袋寅泰は先ごろ、約2万5千人を動員した出身地・高崎市でのフリーライブを大成功に収めたばかり。9月には活動35周年を記念したオールキャリアベストアルバムを携えての国内ツアーを控えている一方で、7月13日に自身初のロサンゼルス公演、7月15日に2年ぶりのニューヨーク公演と海外ライブも予定されており、『Strangers -Special Edition-』はそれに先駆けてリリースされることとなる。

■『Strangers -Special Edition-』
2016年7月8日(金)発売
01.Medusa
02.How The Cookie Crumbles (featuring Iggy Pop)
03.Kill or Kiss (featuring Shea Seger)
04.Move It (featuring Richard Z. Kruspe)
05.Barrel of My Own Gun (featuring Noko)
06.Kill to Love You (featuring Matt Tuck)
07.Strangers
08.Walking Through the Night (featuring Iggy Pop)
09.Texas Groove (featuring Shea Seger)
10.Into the Light
11.Departure
12.Battle Without Honor or Humanity
Bonus Tracks
13.POWER
14.Black Ships
15.Move It(Hounds Remix)
16.TRICK ATTACK

■LIVE Information
<【BEAT 4】~Promise~ 東北PITツアー with Team Smile>
8月4日(木) [福島]いわきPIT Thank you SOLD OUT!
8月6日(土) [宮城]仙台PIT Thank you SOLD OUT!
8月7日(日) [岩手]釜石PIT Thank you SOLD OUT!
▼チケット
前売り6,500(税込)
※仙台PITのみドリンク代別途500円必要

<【【BEAT 5】~ Live in USA ~ Los Angeles & New York>
7月13日 Los Angeles The Troubadour
7月15日 New York Highline Ballroom

<【BEAT 6】~FESTIVAL IN JAPAN~ RISING SUN ROCK FESTIVAL>
Rising Sun Rock Festival 2016
http://rsr.wess.co.jp/2016/

<【BEAT 7】Maximum Emotion Tour ~The Best for the Future~>
09月03日(土) [埼玉]サンシティ越谷市民ホール
09月04日(日) [神奈川]神奈川県民ホール 大ホール
09月10日(土) [千葉]千葉県文化会館
09月11日(日) [栃木]那須塩原市黒磯文化会館 大ホール
09月22日(木祝) [静岡]静岡市民文化会館 大ホール
09月25日(日) [愛知]名古屋国際会議場 センチュリーホール
10月01日(土) [大阪]フェスティバルホール
10月02日(日) [大阪]フェスティバルホール
10月06日(木) [群馬]ベイシア文化ホール(群馬県民会館) 大ホール
10月08日(土) [岡山]倉敷市民会館
10月10日(月祝) [香川]サンポートホール高松
10月29日(土) [兵庫]神戸国際会館 こくさいホール
10月30日(日) [石川]本多の森ホール
11月01日(火) [広島]広島JMSアステールプラザ大ホール
11月03日(木祝) [福岡]福岡サンパレス
11月05日(土) [宮崎]延岡総合文化センター
11月06日(日) [鹿児島]鹿児島・宝山ホール
11月09日(水) [北海道]釧路市民文化会館 大ホール
11月11日(金) [北海道]ニトリ文化ホール
11月18日(金) [山形]南陽市文化会館 大ホール
11月20日(日) [宮城]仙台サンプラザホール
11月23日(水祝) [神奈川]相模女子大学グリーンホール
11月25日(金)  [兵庫]たつの市総合文化会館 赤とんぼ文化ホール 大ホール
11月27日(日) [長野]長野 サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター)
11月30日(水) [東京]NHKホール
12月01日(木) [東京]NHKホール
http://35th.hotei.com

最終更新:7月10日(日)19時8分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。