ここから本文です

ラマダン明ける、今年は重苦しい雰囲気に

AFPBB News 7/8(金) 8:00配信

(c)AFPBB News

【7月8日 AFP】イスラム教の断食月「ラマダン(Ramadan)」明けを祝う祭り「イード・アル・フィトル(Eid al-Fitr)」が6日、世界各地で迎えられた。

 イード・アル・フィトルは3日間続く伝統行事で、親類家族が集まってプレゼントやお菓子を交換する習わしとなっているが、今年はトルコ、バングラデシュ、イラク、サウジアラビアといった国々で起こった攻撃により、いつもの年より重苦しい雰囲気の中でのお祝いとなった。(c)AFPBB News

最終更新:7/8(金) 8:00

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。