ここから本文です

堀江亨/ 清水悠太組 綿貫陽介組との準々決勝ならず、全英ジュニア<男子テニス>

tennis365.net 7月8日(金)0時39分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は7日、ジュニアの男子ダブルス2回戦が行われ、堀江亨(岐阜県/ 関スポーツ塾・T)/ 清水悠太(滋賀県/ パブリックテニスイングランド)組は第4シードのB・Sigouin(カナダ)/ L・Wessels(ドイツ)組に4-6, 2-6のストレートで敗れ、ベスト8進出とはならなかった。

全日本Jr 優勝の堀江「嬉しい」

もし堀江/ 清水組が勝利していた場合、準々決勝では綿貫陽介(フリー)/ L・クライン(スロバキア)組との対戦だった。

綿貫/ クライン組は同日に第8シードのJ・マクナリー(アメリカ)/ J・ウルフ(アメリカ)組を6-0, 7-6 (7-2)のストレートで下し、ベスト8進出を決めている。

堀江と清水はシングルスにも出場したが、初戦敗退。第6シードの綿貫は3回戦で敗退した。

tennis365.net

最終更新:7月8日(金)0時39分

tennis365.net