ここから本文です

スパイス・ガールズの名曲「ワナビー」が復活!

ELLE ONLINE 7/8(金) 20:25配信

男女平等や教育問題の解決を目指す国連のキャンペーン「グローバル・ゴール」の一環としてリメイクされた「ワナビー」のPV。出演しているのはイギリスのガールズグループのM.O.やカナダのダンサー、テイラー・ハタラ、ナイジェリア系のイギリス人シンガー、シーイ・シェイやインド人女優のジャクリーヌ・フェルナンデス。「私が本当に欲しいものを教えてあげる」とスパイス・ガールズのオリジナルの歌詞を歌いつつ、欲しいものは「少女たちへの暴力を終わらせること」「すべての女の子に教育の機会を与えること」「児童婚をなくすこと」「同一の労働には同じ賃金」だと訴えているそう。

このPVにはスパイス・ガールズのメンバーたちも共鳴。メラニー・Cは「私たちのクレイジーな歌がこんな風に美しく使われるなんてとてもうれしいし、名誉に思う」、ヴィクトリア・ベッカムは「20年が経って、ガールパワーが新しい世代に力を与えるために使われている。“グローバル・ゴール”を誇りに思うわ」とツイートしたそう。

ちなみにイギリスのゴシップ紙「ザ・サン」は来年夏にスパイス・ガールズが復活公演を行うのではないか、と報じているそう。今回の国連のキャンペーンをきっかけに再結成、という展開にも期待したい。そしてこのビデオも忘れずチェック!
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:7/8(金) 20:25

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]