ここから本文です

ロッテ唐川&中村&荻野が「乾杯トリオ」結成 2位浮上に「カンパーイ!」

Full-Count 7/8(金) 7:20配信

投打で活躍の3人がお立ち台に、好投の唐川「2人のホームランに励まされた」

 ロッテは7日の西武戦に4-3で勝利し、2位に浮上した。投げては先発の唐川が8回途中6安打2失点と好投し、打っては9番の中村と今季初先発の荻野貴が本塁打。普段は地味な役回りの選手がスポットライトを浴びて、お立ち台で「乾杯トリオ」を結成した。

ロッテ、過去10年のドラフト指名選手一覧

 七夕ビール半額デーに今季最高のピッチングを見せたのは唐川だ。7回までストレート、スライダーが切れまくり、秋山、中村、浅村のクリーンアップに安打を許したのは6回右前打の浅村だけ。「2人のホームランに励まされて、投げ切ることができた」と、今季最長イニングの8回に突入した。

 先頭の金子に右前打を浴びると、栗山を歩かせ、南が救援。その南で2点をを失い、危ない展開だったが、最後は西野が踏ん張り、今季3勝目を手に入れた。

 その唐川を援護したのは中村。3回に左翼席中段へ今季4号のソロアーチ。西武先発の高橋光成の内角高め146キロの速球を完璧にとらえた。「全然打てなくて、チームに貢献できていなかった。この一本を切っ掛けにしたい」と口火を切ると、7回にも左右間を破り3点目をたたき出した。

 ケガや打撃不振で出遅れていた足のスペシャリストの荻野貴も6回、フォークを救い上げて左翼へ。今季1号を含む3安打の猛打賞。「とにかく何でもいいから塁に出ることだけを考えていた。七夕の日に今季初ホームランは嬉しい。今まで貢献できていなかったので、休んだ分、これからチーム一丸となって貢献していきたい」。お立ち台で、3人の「乾杯」コールに、スタンドも一体となって「カンパーイ!」の大合唱を響かせた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/8(金) 7:20

Full-Count