ここから本文です

瀬戸大橋上空に「天の川」の絶景 岡山・倉敷科学センターの学芸員撮影

山陽新聞デジタル 7月8日(金)9時16分配信

 瀬戸大橋の上空にきらめく光の帯―。七夕の7日未明、倉敷科学センター(岡山県倉敷市福田町古新田)が同市下津井吹上から、天の川の絶景をカメラに収めた。

 同センターの三島和久学芸員(46)が6日深夜から7日未明にかけ、デジタルカメラで撮影した。空気は澄み、雲の少ない夜空に無数の星が瞬く光景を見事に捉え、「七夕は梅雨が明けていない年が多く、10年に1度と言えるほどの好条件に恵まれた。織り姫とひこ星も無事に会えたかもしれませんね」。

最終更新:7月8日(金)9時16分

山陽新聞デジタル