ここから本文です

「人手不足」関連倒産、6月は26件、「求人難」型は3件

東京商工リサーチ 7/8(金) 13:30配信

 全体の企業倒産が低水準の推移が続くなかで、中小企業を中心に人手不足は解消されていない。日本商工会議所が6月29日に発表した、会員中小企業を対象とする「人手不足等への対応に関する調査」では、人員の過不足状況について「不足している」と答えた割合が55.6%にのぼった。前年調査より5.3ポイント上昇し、人手不足感が強まっている。
 東京商工リサーチでは、これまでも「人手不足」関連倒産を集計してきたが、主に代表者死亡や入院などによる「後継者難」型が中心だった。だが、人手不足感が解消されないなかで「求人難」型の推移が今後注目される。
 2016年6月の「人手不足」関連倒産は26件(前年同月32件)だった。内訳は、代表者死亡などによる「後継者難」型が22件、「求人難」型が3件、「従業員退職」型が1件。
 
 2016年上半期(1-6月)の「人手不足」関連倒産は149件(前年同期比4.4%減、前年同期156件)。内訳は、代表者死亡などによる「後継者難」型が130件(前年同期137件)、「求人難」型が9件(同14件)、「従業員退職」型が10件(同5件)だった。
 また、人件費高騰による負担増から資金繰りが悪化したなどの、2016年上半期の「人件費高騰」関連倒産は13件(前年同期17件)だった。

東京商工リサーチ

最終更新:7/8(金) 13:30

東京商工リサーチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。