ここから本文です

アレキサンダー・スカルスガルド、マーゴット・ロビーのピンチを救う

ELLE ONLINE 7月8日(金)20時27分配信

事件が起きたのは、今週初めに開催された映画『ターザン:REBORN』のロンドンプレミア。ヒロイン役のマーゴット・ロビーは、シースルーが使われスリットが入ったセクシーなドレスで登場! ところがレッドカーペットで背中のファスナーが閉まっていないことが発覚したもよう。でもカメラの前だからスムーズに直せない! そんなマーゴットのためにアレキサンダー・スカルスガルドが背後に回り、ファスナーをきちんと上げてあげたそう。

きわどいドレス姿でプレミアに登場したものの、服がずれて見えてはいけない部分が見えちゃったセレブたちがこれまでもたくさんいたことは周知の通り! 今回マーゴットが間一髪で危機を逃れられたのは、紳士なスカルスガルドのおかげと言えそう。それにしても主演映画のレッドカーペットなのに、マーゴットの背後に回るスカルスガルドはまるでお嬢様に仕える使用人。ターザンもいいけど執事役にも挑戦してほしい! 意外な新境地になるかも。
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:7月8日(金)20時27分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。