ここから本文です

山陽道を逆走、運転女性が死亡 トラックと正面衝突

山陽新聞デジタル 7月8日(金)9時40分配信

 7日午後4時50分ごろ、岡山県倉敷市の山陽自動車道上り線の倉敷ジャンクション(JCT)付近で、「逆走している車を見た」とドライバーから110番があった。乗用車は同5時5分ごろ、同市真備町上二万で、大型トラックと正面衝突、乗用車を運転していた女性が間もなく死亡した。逆走車を避けようとした2台と、事故現場を通りかかった後続の2台が、それぞれ接触事故を起こしたが、けが人はいなかった。

 岡山県警高速隊は、女性は60代とみて身元の確認を急ぐとともに、なぜ逆走したかなど詳しい経緯を調べている。

 県警などは事故当時、上り線の笠岡インター(IC)―倉敷JCTを通行止め。区間を縮小しながら午後9時ごろまで約4時間交通規制が続いた。

最終更新:7月10日(日)0時31分

山陽新聞デジタル