ここから本文です

ダニエル太郎が今季初の8強 [ブラウンシュヴァイク/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 7月8日(金)10時30分配信

 ドイツ・ブラウンシュヴァイクで開催されているATPツアー下部大会の「Sparkassen Open 2016」(7月4~9日/賞金総額10万6500ユーロ/クレーコート)に出場していたダニエル太郎(エイブル)は、準々決勝でティムラズ・ガバシュビリ(ロシア)に6-7(5) 1-6で敗れた。試合時間は2時間。

ダニエル太郎は元世界10位のモナコに敗退 [ウィンブルドン]

 ダニエルは今大会にはノーシードで出場。2回戦では第4シードのヤン レナード・ストルフ(ドイツ)を6-3 1-6 6-4で破っていた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

     ◇   ◇   ◇

日本人選手の結果

【シングルス準々決勝】

●12ダニエル太郎(エイブル)6-7(5) 1-6 ○13ティムラズ・ガバシュビリ(ロシア)

------------------------

【シングルス2回戦】

○12ダニエル太郎(エイブル)6-3 1-6 6-4 ●9ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)[4]

------------------------

【シングルス1回戦】

○12ダニエル太郎(エイブル)7-6(2) 0-6 6-4 ●11ヨゼフ・コバリク(スロバキア)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:PARIS, FRANCE - MAY 25: Taro Daniel of Japan plays a forehand during the Men's Singles second round match against Stan Wawrinka of Switzerland at Roland Garros on May 25, 2016 in Paris, France. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:7月8日(金)18時53分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]