ここから本文です

台風1号が台湾に上陸 沖縄地方では引き続き、高波に警戒

ウェザーマップ 7月8日(金)11時16分配信

 非常に強い台風1号は台湾にあり、沖縄・八重山地方の沿岸の海域では、大しけとなっている。
 石垣島地方では今夜遅くまで、与那国島地方では、あす9日の未明まで、うねりを伴った高波に警戒が必要だ。

【高波】

 このあと台風1号は台湾を北西に進み、その後、華南に上陸する見込みだが、八重山地方の沿岸の海域ではあす9日の未明にかけて大しけとなるため、海上や海岸付近では高波に警戒が必要だ。宮古島地方、沖縄本島地方、大東島地方でも、海がしけているため、高波に十分な注意が必要となる。

<予想される波の高さ(いずれもうねりを伴う)>
沖縄本島・大東島・宮古島地方 8日4~5メートル 9日4メートル
石垣島・与那国島地方     8日7~8メートル 9日5~6メートル

【強風】

 台風の接近に伴い、八重山地方では強い風が吹いている。八重山地方では10日にかけて、大東島地方では、きょうの夕方まで
強風に注意が必要だ。

<予想最大瞬間風速>
8日 石垣島・与那国島・大東島地方 25~30メートル
9日 石垣島・与那国島 25~30メートル

【雷・突風】

 沖縄本島地方と先島諸島では、大気の状態が不安定になっている。
今夜遅くにかけては、落雷や突風、急な強い雨に注意し、八重山地方では、竜巻などの激しい突風にも十分な注意が必要となる。

最終更新:7月8日(金)11時49分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。