ここから本文です

GT3カーのイメージが多数盛り込まれたメルセデス AMG GTのハイスペックモデル、「メルセデス AMG GT R」が登場!

オートックワン 7/8(金) 16:23配信

メルセデス・ベンツは、6月末に英国で開催されたグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにて、同社の高性能スポーツカー「メルセデスAMG GT」の最上級モデルとなる『メルセデスAMG GT R』を披露した。

メルセデス AMG GT R(画像59枚)

メルセデスAMG GT Rは、従来の高性能モデル「メルセデスAMG GT S(最大出力510PS/6250rpm、最大トルク66.3kgm/1750-4750rpm)」同様に、4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジンを搭載するが、最高出力は75psアップの585psへ向上。また、0-100km/h加速はメルセデスAMG GT Sから0.2秒短縮した3.6秒で、最高速は+8km/hとなる318km/hを発揮する。

エクステリアデザインは、ニュルブルクリンク24時間でも活躍したレーシングモデル「AMG GT3」のイメージが反映されたグリルデザインが採用されているほか、カーボンファイバー製ルーフなどの採用により大幅な軽量化が行われている。この他、空力を意識した大型のカーボンファイバー製リアウィング、アクティブディフューザー、大型リアスポイラーなども採用されている。

ボディカラーは、AMG GT R専用の「グリーン・ヘル・マグノ」が採用されている。

現在のところ、「メルセデスAMG GT R」の販売価格や日本導入については未定。本国では2016年9月頃に発売、2017年3月頃にデリバリー開始が予定されている。

最終更新:7/8(金) 16:23

オートックワン