ここから本文です

中国市場での産業用ロボット市場、今年は2割増。調整局面は終わりへ

ニュースイッチ 7月8日(金)8時40分配信

メーカー間の競争、一段と激しく。次なる自動化技術を開発

 【上海=藤崎竜介】中国ロボット産業連盟(CRIA)の曲道奎理事長(瀋陽新松機器人自動化総裁)は7日、世界最大需要地の中国における2016年の産業用ロボット販売台数が前年比約20%増の8万台近くになるとの見解を示した。曲理事長は人件費高騰などを理由に「今後10年は市場の成長が続く」と語った。

 中国の15年実績はCRIAの統計によると同17・5%増の6万7000台だった。国際ロボット連盟(IFR)によると中国での産業用ロボット販売台数は13年以来、国別で世界首位。韓国が3万7000台、日本が3万5000台と続く。

 15年は同55・7%増だった14年と比べ成長が鈍化した。曲理事長は「15年は経済減速の影響を少し受けた」とした上で、「調整局面は終わりつつある。国策事業『中国製造2025』も本格始動するため、再び自動化投資が活発化するだろう」と述べた。

<解説>
 市場が順調に成長する中、ロボットメーカー同士の競争は激しさを増している。「15年は一部の日系ロボットメーカーが円安を追い風に価格攻勢に出た。安値合戦になり、金額ベースでは台数ほどの伸びはなかった」(日系ロボットメーカー幹部)という。価格競争の状態は、その後の為替変動によりいったん是正されたもよう。だが、以前より競争環境が厳しくなっていることは、間違いない。

 シェア争いを勝ち抜くため、業界各社に求められているのが、次なる自動化技術の開発だ。大手ロボットメーカー幹部が参加したCEO円卓会議では、労働集約型工場を自動化するための“人とロボットの協働”などが議論された。また、上海市内で開催中の中国国際ロボット展覧会(CiROS2016)では、日本や欧州のロボットメーカーが高度なロボット応用技術でアピール合戦を繰り広げている。

最終更新:7月8日(金)8時40分

ニュースイッチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]