ここから本文です

あす9日、高校野球佐賀大会開幕 佐賀商、龍谷が軸 神埼清明、鹿島実も有力

佐賀新聞 7月8日(金)12時14分配信

 夏の甲子園への切符を懸けた第98回全国高校野球選手権佐賀大会は9日、佐賀県佐賀市のみどりの森県営球場で開幕し、41チームが熱戦を繰り広げる。昨秋と今春の県大会を制した佐賀商と2年連続の甲子園を狙う龍谷の2強を軸に激しい優勝争いが展開されそうだ。決勝は24日の予定。

 第1シードの佐賀商は、4番野中、5番龍野を中心とした切れ目のない大型打線を武器に8年ぶりの夏の甲子園出場を目指す。大会2連覇を狙う第2シードの龍谷は投手力が充実。昨夏優勝の原動力となった左腕池田に加え、右横手の福山、今大会外野手登録の矢ケ部も控える。

 過去10年の優勝校はすべてシード校で、ともに堅守が武器の第3シード神埼清明、第4シード鹿島実にもチャンスがある。総合力の高い佐賀北、佐賀学園などの佐賀市勢に加え、好投手を擁する伊万里、鹿島などのノーシード校も上位をうかがう。

 9日の開会式ではベンチ入りメンバーが入場行進し、三養基の大嶌達矢主将が選手宣誓。第1試合・佐賀西-唐津東で熱戦の幕が上がる。

最終更新:7月8日(金)12時14分

佐賀新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]