ここから本文です

トヨタが「空飛ぶ車」を計画中? 特許文書から判明

sorae.jp 7月8日(金)15時0分配信

空飛ぶ車といえば、バック・トゥ・ザ・フューチャーの時代からみんなの憧れ。それが実用的かはさておき、生きているうちに一度は運転したいものです。そしてそんな夢を抱くのは、世界的な自動車メーカーでも変わらないようです。
 
トヨタは2014年に、「shape morphine fuselage for an aerocar(エアロカーに変形可能な胴体形状)」という特許を米国特許商標庁に出願していたことが判明しました。特許のイラストで飛行機から翼が生えていたりエアロカーと言い切っているあたり、同社は本気で空飛ぶ車を計画しているようです。
 
特許文書の説明によると、この空飛ぶ車は薄い膜を貼ったしなやかな翼を胴体部分に収納することができます。なんだか鳥のような機構ですね! その他にも、「stackable wing for an aerocar(エアロカー向けの積み重ね式の翼)」という特許では屋根の上に翼を積み重ねる仕組みを解説しています。
 
また特許では、「走行モードとフライトモードの両立のために、デザインは妥協する必要があるだろう」と述べています。現在の技術では、SF映画のように普通の車がいきなり空を飛ぶ…という設計は難しそうですね。むしろ、ドローンに走行機能をつけたほうが早いのかもしれません。

最終更新:7月8日(金)15時0分

sorae.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]