ここから本文です

英トヨタが現行モデルで“秋名のハチロク”を忠実に再現!?「GT86 頭文字D コンセプト」が登場!

オートックワン 7/8(金) 18:00配信

英トヨタは6月末、現行モデルのトヨタ86で再現したコンセプトカー『GT86 頭文字D コンセプト』を発表した。

GT86 頭文字D コンセプト(画像10枚)

今回発表された『GT86 イニシャルD コンセプト』は、1995年~2013年に「週刊ヤングマガジン(講談社)」にて連載していた漫画「頭文字D(イニシャルD)」の主人公・藤原拓海のマシンとして、現在も爆発的な人気を集める、通称“秋名のハチロク”こと、パンダカラーのトヨタ「スプリンター トレノ(AE86型)」を現行のトヨタ86で再現したもの。

装着パーツには日本市場から取り寄せたという、ブラックカラーのRSワタナベ製「F8」ホイール、カーボンファイバー製ボンネット、フジツボ製エキゾースト、クスコ製ストラットブレース、TRD製サスペンションなどが使用され、フロントフォグライトやテールランプレンズも着色するなど、限りなく“秋名のハチロク”に近づけられている。さらにボディサイドには、代名詞ともいえる「藤原とうふ店」の文字がしっかり再現されている。

また、今回公開されたイメージでは、原作のアクションシーンを再現するべく、英国のマンガ・アーティスト、ソニア・レオン氏が背景のデザインを手がけている。

今後『GT86 イニシャルD コンセプト』は、英国の様々なモーターショーで展示される予定。

最終更新:7/8(金) 18:00

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。