ここから本文です

決勝での姉妹対決はなし、ケルバーがビーナスを止める [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 7月8日(金)14時15分配信

 イギリス・ロンドンで開催されている「ウィンブルドン」(6月27日~7月10日)の第10日。

ケルバーがビーナスを下し、全豪に続いてセレナとの決勝へ [ウィンブルドン]

 ここ6年でもっとも長く続いたビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)のグランドスラム大会での進撃は、妹セレナに対する決勝の一歩手前で終わってしまった。

 第8シードのビーナスを準決勝まで導いたこれまでのようなパフォーマンスを繰り返すことができず、彼女は最初の4つのサービスゲームをブレークされて第4シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)に4-6 4-6で敗れた。

 36歳のビーナスは、1994年に37歳で決勝に勝ち進んだマルチナ・ナブラチロワ(アメリカ)に次いで年齢の高い準決勝進出者だった。過去5度にわたってウィンブルドン優勝を遂げているビーナスだが、2009年以降は決勝まで勝ち上がることはなく、2010年の全米オープン(準決勝)以降はどのグランドスラム大会でも成績は振るわなかった。

 この土曜日に行われる女子シングルス決勝は、5度目となるウイリアムズ姉妹の対決ではなく、世界ナンバーワンのセレナ対全豪オープン覇者のケルバーという、1月の全豪決勝と同じ顔合わせになった。

 先の全豪はケルバーにとって最初のグランドスラム・タイトルであり、それはセレナのグランドスラム優勝「22」勝目を阻むものでもあった。

 今、セレナはふたたびその数字に限りなく近づいている。準決勝でセレナはエレナ・ベスニナ(ロシア)を6-2 6-0で圧倒した。

「彼女のほうが上だったってことを、ただ認めなければならないわ。彼女はより強く、よりスピードがあった」とベスニナ。「私は今日、何もできなかった」。

 セレナは今年3度目のグランドスラム大会の決勝に進んだことについて、「世界中の(自分以外の)誰にとっても素晴らしい成就でしょうけど、私にとって重要なのはトロフィを掲げること、優勝することなのよ。決勝に進むだけでは私にとって十分ではない。でもその精神が私をほかと違う存在にしているのだと思う。その精神がセレナ・ウイリアムズそのものなのよ」。

 ケルバーは全豪決勝でセレナを倒したが、セレナはケルバーに対して過去7度の対戦のうち5度の勝利を収めている。

 ビーナスとの準決勝の最後は、ケルバーが19本のラリーの末にフォアハンドのランニングショットを決めた。そのときの彼女は膝を落とし、勝利の喜びを感じていた。

 ビーナスはかつて、もっとも恐るべきサービスの持ち主として妹セレナと肩を並べていたが、この日は初めてのサービスキープまでに32分、5回のトライを必要とした。

 もしかすると、ここ2週間に積み重ねたプレー時間が彼女の体に負担をかけていたのかもしれない。ビーナスは2011年から、疲労や関節痛などをもたらすシェーグレン症候群に苦しめられてきた。

 この日のビーナスはいくつかのボールに対して半歩遅く、長いラリーのあとには息を乱し、21本のアンフォーストエラーをおかした。

 ケルバーも出だしは絶好調とは言い難く、試合はお互いにサービスゲームを落とし合うという、ややお粗末な形で始まった。そのときの問いは、どちらがこのパターンを崩すのかということだった。そしてそれをやったのがケルバーだった。

「ビーナスとはいつもタフな試合になる。だから勝つことができてとてもうれしいわ。今日はとにかくアグレッシブにプレーしようとしたの」と試合後のケルバー。勝利の喜びをただただ強調した。

「一年に2度もグランドスラム大会の決勝にいけるなんて素晴らしいこと。セレナとの決勝には自信を持って臨み、自分のテニスをするよう努めるわ」。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

最終更新:7月8日(金)14時15分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]