ここから本文です

ポグバよりプランB!? マンUサポーターからは「ポグバよりはるかに良い」との声も

theWORLD(ザ・ワールド) 7/8(金) 10:40配信

プランAとBで意見分かれる

今夏の目玉選手となっているフランス代表MFポール・ポグバ獲得を目指すマンチェスター・ユナイテッドに、プランBの可能性が浮上している。あくまでもポグバが優先だが、同選手にはフランス人指揮官ジネディーヌ・ジダン率いるレアル・マドリードも興味を示している。

そこでマンUはポグバ獲得失敗に備え、同じフランス代表のMFブレーズ・マテュイディ獲得も検討している。マテュイディはPSGで主力選手として活躍してきたが、今夏セビージャからPSGにやってきた指揮官ウナイ・エメリはさっそく教え子のMFグジェゴジ・クリホヴィアクを獲得している。クリホヴィアクも潰し屋として貢献することができる選手で、マテュイディを放出する手もあるだろう。

プランBがあるのはマンUサポーターも安心できるところだが、一部のサポーターからは意外な声も挙がっている。英『Squawka』によると、「ポグバよりもマテュイディの方がはるかに良い」という意見も出ているという。何よりマテュイディは走ることができる選手で、中盤で休みなくボールを追い続けるスタイルが指揮官ジョゼ・モウリーニョの理想にフィットするはずと考えられている。

一方でモルガン・シュナイデルランがいるから守備的MFはもう必要ないとの意見もあり、今のままポグバ獲得を狙うプランA継続を願う者もいる。ポグバはバロンドールをも狙えるだけのポテンシャルを備えた選手だが、モウリーニョのスタイルに向いているのはどちらなのか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/8(金) 10:40

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報