ここから本文です

ポグバよりプランB!? マンUサポーターからは「ポグバよりはるかに良い」との声も

theWORLD(ザ・ワールド) 7月8日(金)10時40分配信

プランAとBで意見分かれる

今夏の目玉選手となっているフランス代表MFポール・ポグバ獲得を目指すマンチェスター・ユナイテッドに、プランBの可能性が浮上している。あくまでもポグバが優先だが、同選手にはフランス人指揮官ジネディーヌ・ジダン率いるレアル・マドリードも興味を示している。

そこでマンUはポグバ獲得失敗に備え、同じフランス代表のMFブレーズ・マテュイディ獲得も検討している。マテュイディはPSGで主力選手として活躍してきたが、今夏セビージャからPSGにやってきた指揮官ウナイ・エメリはさっそく教え子のMFグジェゴジ・クリホヴィアクを獲得している。クリホヴィアクも潰し屋として貢献することができる選手で、マテュイディを放出する手もあるだろう。

プランBがあるのはマンUサポーターも安心できるところだが、一部のサポーターからは意外な声も挙がっている。英『Squawka』によると、「ポグバよりもマテュイディの方がはるかに良い」という意見も出ているという。何よりマテュイディは走ることができる選手で、中盤で休みなくボールを追い続けるスタイルが指揮官ジョゼ・モウリーニョの理想にフィットするはずと考えられている。

一方でモルガン・シュナイデルランがいるから守備的MFはもう必要ないとの意見もあり、今のままポグバ獲得を狙うプランA継続を願う者もいる。ポグバはバロンドールをも狙えるだけのポテンシャルを備えた選手だが、モウリーニョのスタイルに向いているのはどちらなのか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月8日(金)10時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]