ここから本文です

仏エラメット、生産性向上でコスト減強化

日刊産業新聞 7月8日(金)11時12分配信

 仏合金鉄大手のエラメットのパトリック・ビュッフェ会長は7日都内で会見し、マンガン、ニッケルなど事業運営の方針を明らかにした。短期的には中核事業に集中し、2017年までに1億8000万ユーロ(約201億円)の追加的なコスト削減をテコに、市場内の位置付け、競争力を強化し、収益改善につなげる。長期的には技術力を生かした価値創出力の高いプロジェクトを選別し、成長を目指す。

最終更新:7月8日(金)11時12分

日刊産業新聞