ここから本文です

[移籍]清武の隣に“超ハードワーカー”! クラネビッテルがセビージャへレンタル移籍

theWORLD(ザ・ワールド) 7月8日(金)12時50分配信

まずはリーガに適応していく必要がある

南米屈指のハードワーカーがセビージャで修行を積むことになった。同クラブが7日、アトレティコ・マドリードに所属するアルゼンチン代表MFマティアス・クラネビッテルを2017年6月までのローンで獲得したことを発表している。

チームをヨーロッパ・リーグ3連覇に導き、素晴らしい働きぶりを見せていたウナイ・エメリ監督はパリ・サンジェルマンへと去っていった。さらにはチームの心臓ともいえるグジェゴジ・クリホビアクも恩師を追い、エベル・バネガはインテルへと移籍。変革の時を迎えているセビージャが、日本代表MF清武弘嗣に続いて契約したのは今冬にアトレティコへ加わったアルゼンチンの潰し屋クラネビッテルだ。同選手はディエゴ・シメオネ政権の分厚い選手層を前に定位置を確保することができず、継続した出場機会には恵まれなかった。リバープレート時代には献身的なハードワークと巧みなボール奪取、そして展開力に定評があっただけに、プレイ時間さえ確保できれば大化けする可能性を秘めている。

なお同選手は今後スペインでクラブのメディカルチェックを受け、正式なサインの手続きを進めていくことになる。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月8日(金)12時50分

theWORLD(ザ・ワールド)