ここから本文です

【MLB】カブス3A川崎宗則が満塁で衝撃のタイムリー!? 「直後に物凄い勢いで雹が…」

Full-Count 7/8(金) 15:28配信

ツイッターで報告、1点差に迫るタイムリーで雹を降らせた!?

 カブス傘下3Aアイオワでプレーする川崎宗則内野手が、7日(日本時間8日)のコロラドスプリングス戦で大量の「雹(ひょう)」を降らせる衝撃的なタイムリーを放ったと、自身のツイッターで報告している。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 川崎は敵地での一戦に「8番・遊撃」で先発出場。“事件”は7回に起こった。アイオワはこの回、1点を返して5-8と3点差に迫り、なおも2死満塁の絶好機で川崎が打席に立った。ここで見事にセンターへのタイムリー。1点差と迫る貴重な一打となったが、この場面についてツイッターではスタッフがこうレポートしている。

「3点を追う7回二死満塁の場面でのムネリンの打席。初球をセンター前に弾き返し二者が生還し1点差に迫ったと喜んだ直後に物凄い勢いで氷が降り出しました。試合は続行中も、観客はみんなスタンド裏に避難(>_<)」

 その後、降ってきたのは「氷」ではなく雹(ひょう)だったとツイッターで訂正が入った。

 川崎が2点タイムリーを打った途端に大量の雹が降ってくるという衝撃的な展開。やはり何かを「持っている」男であることは間違いなさそうだ。

 この回1点差に迫ったアイオワだったが、その裏に3点を失い、試合は7-11で敗戦。それでも、メジャー昇格へ向けて川崎は3打数1安打2打点2四球と必死のアピールを見せた。打率は.271となっている。

 なお、この試合には元阪神のマット・マートン外野手も「2番・レフト」で先発出場。5打数3安打2得点で打率.347と、こちらもメジャー昇格へ猛アピールを続けている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/8(金) 16:07

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています