ここから本文です

【MLB】カブス3A川崎宗則が満塁で衝撃のタイムリー!? 「直後に物凄い勢いで雹が…」

Full-Count 7月8日(金)15時28分配信

ツイッターで報告、1点差に迫るタイムリーで雹を降らせた!?

 カブス傘下3Aアイオワでプレーする川崎宗則内野手が、7日(日本時間8日)のコロラドスプリングス戦で大量の「雹(ひょう)」を降らせる衝撃的なタイムリーを放ったと、自身のツイッターで報告している。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 川崎は敵地での一戦に「8番・遊撃」で先発出場。“事件”は7回に起こった。アイオワはこの回、1点を返して5-8と3点差に迫り、なおも2死満塁の絶好機で川崎が打席に立った。ここで見事にセンターへのタイムリー。1点差と迫る貴重な一打となったが、この場面についてツイッターではスタッフがこうレポートしている。

「3点を追う7回二死満塁の場面でのムネリンの打席。初球をセンター前に弾き返し二者が生還し1点差に迫ったと喜んだ直後に物凄い勢いで氷が降り出しました。試合は続行中も、観客はみんなスタンド裏に避難(>_<)」

 その後、降ってきたのは「氷」ではなく雹(ひょう)だったとツイッターで訂正が入った。

 川崎が2点タイムリーを打った途端に大量の雹が降ってくるという衝撃的な展開。やはり何かを「持っている」男であることは間違いなさそうだ。

 この回1点差に迫ったアイオワだったが、その裏に3点を失い、試合は7-11で敗戦。それでも、メジャー昇格へ向けて川崎は3打数1安打2打点2四球と必死のアピールを見せた。打率は.271となっている。

 なお、この試合には元阪神のマット・マートン外野手も「2番・レフト」で先発出場。5打数3安打2得点で打率.347と、こちらもメジャー昇格へ猛アピールを続けている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月8日(金)16時7分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]