ここから本文です

富士フイルム「ミラーレスの決定版」9月に投入

ニュースイッチ 7月8日(金)19時39分配信

4K動画に対応

 富士フイルムは、ミラーレスデジタルカメラの旗艦モデル「X―T2」を9月に発売する。レースなどの決定的な瞬間を撮影できるほか、Xシリーズで初めて高画質の「4K」動画に対応した。想定価格はボディーが17万円前後(消費税抜き)、レンズキットが21万円前後(同)。

 従来、1秒間に3回撮影する場合、被写体をファインダーで捉える時間の割合は15%だった。X―T2は従来比4倍の60%に拡大した。これにより従来のミラーレスでは難しかった野生動物やプロスポーツの高画質撮影を実現した。ミラーレス市場での同社のシェアは拡大しており、X―T2の投入で攻勢をかける。高橋通取締役常務執行役員は会見し「ミラーレスの決定版」と太鼓判を押した。

最終更新:7月8日(金)19時39分

ニュースイッチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]