ここから本文です

敗北を受け入れたくないドイツ代表ノイアー「はっきり言って前半のフランスは強くなかった」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/8(金) 13:00配信

敗戦の悔しさを吐露

世界最高のストッパーが敗戦の悔しさを露わにしている。マヌエル・ノイアー擁するドイツは7日のユーロ2016準決勝でフランス相手に0-2で惜敗。優勝候補筆頭とも目された強豪がベスト4で大会を後にする。

この一戦で、フランスがすべての面においてドイツを上回っていたようには思えないが、開催国には幾つかの幸運が降り注いでいた。ノイアーは試合後、次のようにゲームを振り返っている。英『sky SPORTS』が同選手のコメントを伝えた。

「これほど敗北が悔しい試合は珍しいよ。かつてないくらいだ。もちろん僕らが上回っていたとは言わないけど、このスコアが妥当なものだとは思えない。あのPKでフランスが前半ロスタイムに先制したね。ハーフタイム前にあのような失点を喫するのは痛いよ。そして後半にも追加点を食らってしまった。もしも0-0で前半を終えていたら、さほど問題はなかったはずだ。前半のフランスは、はっきり言って強くなかったよ。先制弾を与えてしまったことで、すべてを容易にさせてしまった」

2年前のブラジルW杯では抜きん出た強さで世界王者に輝いたドイツだが、やはり開催国の地の利が勝ったのだろうか。フランスによる効率的な2ゴールが完璧に奏功する格好となった。なお、このゲームに勝利したフランスは決勝戦でポルトガルと激突することになる。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7/8(金) 13:00

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]