ここから本文です

惑わされてない? 選挙広告に共通する「トリック」にご用心

ギズモード・ジャパン 7月8日(金)22時10分配信

「紛争」「戦車」「ハリケーン」「株価ボード」...。

次々と流れる断片的な映像を観ているうちに、知らぬ間に心を揺さぶられていませんか?

曖昧なイメージを用いながら、いかに現代が予測不可能で不安定であるか訴えたところで、まるでヒーローが登場したかのように映し出されるのが、飛行機から降りてきて子どもとハグする政治家の様子。

アメリカ大統領選の候補者たちのキャンペーン広告に共通して用いられているのは、「モンタージュ」とよばれる洗脳的なトリック。

モンタージュとは、映像と映像をつなぐいわゆる一般的な「映像編集」のテクニックのことで、政治家を親しみやすくポジティブな印象に映し出したり、ほかの候補者が当選した場合の不安を煽いだり感情に訴えかける効果が狙われていま

動画(https://youtu.be/QaBLRwTU7qY)の序盤で登場する映画のシーンは、モンタージュが利用されているわかりやすい例。たとえば1960年の映画「サイコ」では女性が殺されたと推測できるシーン、2000年の映画「レクイエム・フォー・ドリーム」では登場人物がドラッグを利用したと解釈できるシーンがあります。

いずれも、断片的な映像が次々とクイックに映し出されることから、実際の細かい描写はないにも関わらず、視聴者は直感的にイメージを連想してストーリーを解釈していることになります。

さらに動画を進めると流れるのが、選挙活動の広告ムービー。さすがにもうはっきりとモンタージュの効果に気が付いちゃいますよね。

他国のトップと会談している様子や、大勢の聴衆の前で堂々とスピーチする姿もすべて、アピールしたいイメージを切り取って貼り付けているだけ。壮大なムービーのなかに、広告のキホンが詰まっているのがわかります。

一方で、ある事件を描いた曖昧な映像を意図的に用いて感情に訴えかけたり、ほかの候補者の発言を引用しながら不安を煽いだり、ちょっと卑怯ともいえる手を使って広告を編集していることも見て取れます。誰を支持するかは個人の自由だとしたうえで、「感情的に流されやすいひとをターゲットにした選挙広告によって、投票する人物を決めることなかれ」と、米Gizmodoの記者。

映画やドラマのようなフィクションの世界なら全然アリなんですけどね。モンタージュが利用されている映像すべてを疑うべしとはいわないにせよ、本質を見抜こうとするのに越したことはなさそうです。

source: YouTube
Casey Chan - Gizmodo SPLOID

最終更新:7月8日(金)22時10分

ギズモード・ジャパン