ここから本文です

西岡vs添田 準決勝は日本人対決、通算4試合目<男子テニス>

tennis365.net 7月8日(金)17時28分配信

ニールセン選手権

男子テニスの下部大会であるニールセン選手権(アメリカ/ウィネテカ、ハード、ATPチャレンジャー)は7日、シングルス準々決勝が行われ、第1シードの西岡良仁(日本)が世界ランク214位のA・サーキシアン(アメリカ)を6-2, 6-4のストレートで下してベスト4進出。準決勝は、第5シードの添田豪(日本)との日本人対決となった。

フェデラーvsラオニチ 1ゲーム速報

この試合、西岡はトータルでサーキシアンに3度のブレークを許すも、自身はそれを上回る6度のブレークに成功し、1時間16分で勝利した。

また、添田は同日の準々決勝で世界ランク156位のF・ダンチェビッチ(カナダ)を7-6 (7-3), 6-2のストレートで下しての勝ち上がり。

両者は今回が4度目の対戦で、過去は添田が2勝1敗と勝ち越している。直近は昨年11月の慶應チャレンジャーで、その時は添田がストレートで勝利した。

世界ランク122位の西岡は、現在行われているウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)の予選に出場し、3回戦で予選第29シードのQ・ハリス(フランス)を7-6 (7-1), 4-6, 6-2, 6-3で下して大会初の本戦出場を決めた。

本戦1回戦では、世界ランク94位のS・スタコフスキ(ウクライナ)に3-6, 4-6, 4-6のストレートで敗れ、大会初勝利とはならなかった。

tennis365.net

最終更新:7月8日(金)17時35分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]