ここから本文です

レアル産のウィンガーはナポリのシンボルとなれるか!? 2020年まで契約延長へ

theWORLD(ザ・ワールド) 7/8(金) 13:20配信

ウィングストライカーは今後もナポリで

サイドを俊足で駆け上がる韋駄天は引き続きイタリアで戦うことになる。セリエAのナポリが7日、スペイン人FWホセ・マリア・カジェホンとの契約を2020年まで延長することで合意に達したことを発表している。

レアル・マドリード下部組織出身のカジェホンは、エスパニョールで修行を積むと2011年にレアルへ復帰。ジョゼ・モウリーニョ政権で異彩を放ち、2013年にラウール・アルビオルやゴンサロ・イグアインらと共にナポリへ移籍していた。同クラブにおける在籍3シーズンで公式戦158試合に出場し45ゴールを記録するなど、貴重な得点源として君臨。ラファエル・ベニテス前監督やマウリツィオ・サッリ現監督からの寵愛を受け、昨季は国内リーグ35試合で先発起用されていた。

白い巨人では継続した出場機会を与えられずにいたカジェホンだが、ナポリでは今後も重要な役割を果たしていくことになりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7/8(金) 13:20

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

なぜ今? 首相主導の働き方改革