ここから本文です

2016-17シーズン序盤で躓くのはリヴァプールとアーセナルか 8月~9月の厳しすぎる組み合わせ

theWORLD(ザ・ワールド) 7月8日(金)15時40分配信

強敵との対戦続く

マンチェスター・シティにジョゼップ・グアルディオラ、マンチェスター・ユナイテッドにジョゼ・モウリーニョ、チェルシーにアントニオ・コンテと名将が続々と参戦する2016-17シーズンのプレミアリーグは、他国のリーグと比べても全く予想がつかないものとなっている。モウリーニョは「全20チームで優勝を争う」とレベルの高さを強調するコメントをしていたが、優勝を狙えるだけの力を持つクラブが複数存在する。

ここで大切になってくるのはスタートダッシュだろう。スタートから躓く嫌な展開は避けたいところで、9月末のアーセナル戦まで黒星がなかった王者レスター・シティのように序盤戦では勝ち点0で終わる試合を少なくしていきたいところ。では、開幕から厳しいスタートを切るのはどのクラブなのか。

優勝も狙えるクラブで厳しいスタートを切るのはリヴァプールとアーセナルだ。まず両チームは開幕戦で激突し、アーセナルは第2節で王者レスターと対戦。いきなりの連敗スタートも考えられる組み合わせだ。その後リヴァプールは第3節でトッテナムと、第4節ではレスター、アーセナルは難敵サウサンプトンと対戦する。第5節ではリヴァプールがチェルシー、第6節ではアーセナルがチェルシーと対戦することになっており、両クラブは8月~9月の対戦相手が非常に厳しいものとなっている。黒星とまではいかずとも、引き分けが増える可能性は大いに考えられる。

もちろん序盤戦で躓いても巻き返すことは可能だが、序盤戦から差がつくのは精神的にも苦しい。リヴァプールとアーセナルの両クラブはそうなる可能性も考えられるほど厳しい日程となっているが、彼らはこの難関を突破して優勝争いに加わっていけるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月8日(金)15時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]