ここから本文です

南米コロンビア発見の新種タランチュラ、ガルシア・マルケスにちなんで命名

AFPBB News 7/8(金) 14:56配信

(c)AFPBB News

【7月8日 AFP】南米コロンビア北部マグダレナ(Magdalena)州のシエラ・ネバダ・デ・サンタ・マルタ(Sierra Nevada de Santa Marta)山脈で近頃、新種のタランチュラが発見された。この新種は同地で暮らす先住民カンクアモ(Kankuamo)とノーベル文学賞作家、ガブリエル・ガルシア・マルケス(Gabriel Garcia Marquez)にちなみ、「カンクアモ・マルケシ(Kankuamo marquezi)」と命名された。ウルグアイで研究されているこのタランチュラの主な特性として、捕食者の目やヒトの皮膚に突き刺さる刺毛(しもう)を射出するなどの防衛機構が挙げられる。(c)AFPBB News

最終更新:7/14(木) 12:44

AFPBB News