ここから本文です

南米コロンビア発見の新種タランチュラ、ガルシア・マルケスにちなんで命名

AFPBB News 7月8日(金)14時56分配信

(c)AFPBB News

【7月8日 AFP】南米コロンビア北部マグダレナ(Magdalena)州のシエラ・ネバダ・デ・サンタ・マルタ(Sierra Nevada de Santa Marta)山脈で近頃、新種のタランチュラが発見された。この新種は同地で暮らす先住民カンクアモ(Kankuamo)とノーベル文学賞作家、ガブリエル・ガルシア・マルケス(Gabriel Garcia Marquez)にちなみ、「カンクアモ・マルケシ(Kankuamo marquezi)」と命名された。ウルグアイで研究されているこのタランチュラの主な特性として、捕食者の目やヒトの皮膚に突き刺さる刺毛(しもう)を射出するなどの防衛機構が挙げられる。(c)AFPBB News

最終更新:7月14日(木)12時44分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。