ここから本文です

ヤクルトのバレンティンが死球に激高 ヘルメット投げつけ、危険行為で退場

Full-Count 7月8日(金)19時36分配信

中日ビシエドがバレンティンを必死に説得、殴り合いにはならず

 ヤクルトのバレンティン外野手が8日、中日戦(神宮球場)の3回に中日のジョーダン投手の投球を左肘付近に受けた。死球に激高し、投手に近づきながらヘルメットを投げつけ、険悪ムードとなった。

 両軍選手がベンチから飛び出して入り乱れ、怒りの収まらないバレンティンに、ジョーダンが応戦しようとする一幕も。殴り合いが始まってもおかしくない雰囲気だったが、中日の助っ人ビシエドがバレンティンを抑えて、耳元で必死に説得。バレンティンの怒りを鎮めていった。さらにヤクルト・三木コーチもバレンティンをなだめていた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月8日(金)19時36分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。