ここから本文です

[移籍]昇格組ミドルスブラ、元バルサGKビクトル・バルデス獲得 さらに元マンUのストライカーまで狙う?

theWORLD(ザ・ワールド) 7月8日(金)17時14分配信

プレミアに戻ってきたバルデス

昨季チャンピオンシップを2位で終え、プレミアリーグ昇格を果たしたミドルスブラは、元スペイン代表GKビクトール・バルデスの加入を正式に発表した。クラブとバルデスは2年契約を結ぶ。

現在34歳のバルデスはバルセロナの下部組織出身。長らくバルセロナのゴールマウスを守っていたが、2015年1月にマンチェスター・ユナイテッドへ加入するもファン・ハール監督からは戦力として見られず不遇の時期を過ごす。だが2016年1月からおよそ3ヶ月間ベルギーのスタンダール・リエージュへレンタル移籍。スタンダール・リエージュではカップ戦の優勝に貢献するなど復活の兆しを見せていた。その後、6月にマンチェスター・ユナイテッドとの契約が満了となり、新たな移籍先を探していた。

アイトール・カランカ監督はバルデスの加入について「昇格したばかりのクラブが彼のようにチームに活力をもたらせる選手を獲得できるのは普通はありえない。わかってもらうのは難しいが、とてもうれしい」とコメントしている。

さらに『ESPN』は、アーセナルやマンチェスター・ユナイテッドで活躍し、現在はフェネルバフチェでプレイするFWロビン・ファン・ペルシーの獲得も狙っていると報じている。ミドルスブラは新シーズンにレジェンド2人を迎えて戦うことになるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月8日(金)17時14分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。