ここから本文です

決勝三塁打の巨人大田 次打者の阿部からゲキ「打ってこい」

Full-Count 7月8日(金)21時37分配信

7回に左中間へ2点三塁打、スタンドからの大田コールに「鳥肌が立ちました」

 巨人の大田泰示外野手が8日のDeNA戦(東京ドーム)で値千金の決勝2点三塁打を放った。7回2死二、三塁。井納のフォークをとらえて、左中間へはじき返した。

 絶好のチャンスで大田はくらいついた。「その前もチャンスで結果が出せなかったので必死にいくだけでした」。1点を5回2死二塁で凡退していたため、燃えていた。負傷した長野に代わり、途中から4番に入っていた。

 打席に入る前、ネクストバッターズサークルの5番・阿部に声をかけられた。「打ってこいと言われました」。大田はお立ち台で明かした。

 前の打席でも直球とフォークのコンビネーションで打ち取られていた。「追い込まれていたので、とにかくバットに当てて、ヒットコースに飛んでくれと打席に入りました。ヒットになってくれてよかったです」。相手の井納はフォークで勝負してくると考え、狙い球をしぼった。

「本当にうれしかったです」

 スタンドからは大田コールが起こり、声援にヘルメットを取って応えた。「いつも応援してくださっている皆さんの祝福のコールに鳥肌が立ちました」とファンへ感謝。前夜は阪神投手陣に1安打完封負けをしたが、この日は村田にも9号ソロが飛び出した。

 大田の前には新人の山本がくらいつき、二塁打を放った。先発大竹も7回1失点の好投。勝ち越した直後の8回をマシソンが流れを渡さず、最後は守護神の澤村が締め、巨人は借金を3に減らした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月8日(金)21時37分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報