ここから本文です

イニエスタの後継者とも言われるD・スアレス、ファンタジスタが憧れ「ロナウジーニョのバルサと共に育った」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月8日(金)18時22分配信

チームメイトではバネガが最高

ビジャレアルから保有権を持つバルセロナへの復帰が発表されたデニス・スアレスは、新シーズンに向け意気込みを語っている。

そのなかで子供のころに憧れた選手について「家族の多くはレアル・マドリードのファンだった。でもロナウジーニョがプレイしていたバルセロナを見て育ったんだ。それはラッキーなことだったね」と語っている。スペイン『MUNDO DEPORTIVO』が伝えた。

バルセロナBに所属していたが、デニス・スアレスの出身はガリシア州。ユース時代にはセルタやマンチェスター・シティでプレイしバルセロナに加入した。その後、出場機会を求めてセビージャ、ビジャレアルと渡り歩き、この夏ようやくバルサに戻ってきたのだった。デニス・スアレスはチームメイトで印象に残っている選手についても「セビージャではバネガが最高のプレイヤーだった。彼がトップ。ビジャレアルではブルーノとジョナサン・ドス・サントス。彼らにはとても衝撃を受けた」とコメントしている。

そして新たにチームメイトとなるネイマールについては「ファンタジスタ、見たことのないテクニックを見せてくれる。彼は子供のころに見たロナウジーニョを思い出させてくれる」と語り、来季に向けて「インテリオールでプレイできれば最高だけど、ルイス・エンリケが望むのであれば中央でもサイドでも気にしない。最大限の力を発揮したい」と意気込んだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月8日(金)18時22分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]