ここから本文です

4カード連続初戦黒星、ハムと5.5差も…SB工藤監督「明日がないわけじゃない」

Full-Count 7月8日(金)22時13分配信

盗塁許して5敗目のサファテに「クイックしないと走られるよね」

 8日、ソフトバンクは2-3で楽天に敗れた。先発の和田毅が3回に2点を失うものの、5回に松田宣浩の2ランで同点。同点の9回表に登板したサファテが先頭打者にヒットを打たれ、1死後に代走・聖澤諒に盗塁を許した後、銀次に勝ち越しのタイムリーを打たれた。

ソフトバンク、過去10年のドラフト指名選手一覧

 試合後の工藤公康監督の会見は、5敗目を喫したサファテの話から始まった。

「ボールはいつもどおりだけど、クイックしないと走られるよね。ランナーも(聖澤に)代わっているわけだし。最後だけ足を上げて投げるから(走られる)。走られるケースが多いので、コーチと話をして練習してもらうなりしないとね。セーブがつく場面では失敗しないんだけど、同点だとこういうことがある。投げている本人からすれば1イニングを抑えることに変わりはないはずなんだけどね。もうちょっと意志の疎通も含めて本人と話をしようと思う」

 一方の打線で気になるのが長谷川勇也の不調だ。3試合ぶりに「5番・DH」でスタメンに入ったが4打数ノーヒット。3三振と内容的にも厳しい。工藤監督も、その状態に「苦しいよね」とため息をつく。

「今まで頑張ってきたから貯金がある」

「本人の中で練習のやり方とか自分の感覚的なものはあるんだろうけど、人から見てもらって何がどう違うのかを知ることも大事。そこから何かヒントが見つかることもあるからね」

 これで4カード連続の初戦黒星。日本ハムとのゲーム差も5.5に縮まった。

「何だよ、オリックス戦だって初戦落としたけど残り2つ勝ったじゃん。明日がないわけじゃないんだから。まだまだ試合数もあるし。今まで頑張ってきたからここまで貯金があるんだからね」

 最後はいつもの“工藤節”で明るく会見を終えたが、心なしか着用して5連敗となった青いユニフォームの背中が寂しげに映った。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

最終更新:7月8日(金)23時50分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報