ここから本文です

苦戦が続く名古屋 J最多得点の川崎相手にも小倉監督「守備的にいくつもりはない」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月8日(金)20時30分配信

ホームで首位撃破なるか

名古屋グランパスの指揮を執る小倉監督が9日に開催される川崎フロンターレ戦に向けて意気込みを語った。

今季から名古屋を率いる小倉監督だが、1stステージは17ポイントしか稼げずに14位で終了。2日に開催された2ndステージ開幕戦も敵地で大宮アルディージャに敗れている。しかし指揮官は首位を走る川崎との試合に向け、「大久保選手、中村選手と中心になる選手がいる中で、プレイの精度の高さはJ1随一」と話しながらも、「ただ、分析すると相手の背後の部分など色々と付け入る隙があるのは確か」と明かした。同氏のコメントをクラブ公式サイトが伝えている。

また、今季J1最多となる36得点を記録している相手に対しても「守備的にいくつもりはありません」と明かし、「相手にポゼッションを許せば守備的になってしまうので、しっかりとしたブロックはもちろんとして、自分達の狙いとする攻撃をできるかがポイントになってくると思います」とコメント。首位撃破に向けて闘志を燃やした。

試合は9日、18時からパロマ瑞穂スタジアムで開催される。名古屋にとっては2ndステージ最初のホームゲーム。指揮官が「相手うんぬんではなく、しっかりと自分達のやるべきことをやって勝ちにいくしかありません」と話したチームのパフォーマンスに注目だ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月8日(金)20時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報