ここから本文です

捨てる本、買い取って寄付 鎌倉市で新制度

カナロコ by 神奈川新聞 7月8日(金)7時15分配信

 市民らが古本などを売り、買い取り金額を神奈川県鎌倉市に寄付する試みが、今月から始まった。その名も「ホンの気持ち」寄付事業。集まった寄付金は市の景観重要建造物等保全基金に積み立てられ、旧鎌倉図書館の保全活用に充てられる。

 古本やDVD、ゲームなどの買い取り・販売を手掛ける嵯峨野(埼玉県入間市)と市が契約。申し出書とともに5点以上を同社に着払いで送ると、買い取り査定額に1件当たり100円を上乗せした額が市に寄付される。全国どこからでも郵送できる。県や東京都国立市でも同種の制度が導入されている。

 市ふるさと寄附金推進課は「捨てられてしまう本を鎌倉のために役立てられる」と活用を呼び掛ける。問い合わせは、同社電話0120(29)7000(平日午前9時~午後6時)。

最終更新:7月8日(金)7時15分

カナロコ by 神奈川新聞