ここから本文です

ホンダF1、イギリスでトークン使ったアップグレード。燃焼効率向上狙う

オートスポーツweb 7月8日(金)7時3分配信

 ホンダがイギリスGPに向けて開発トークンを使い、パワーユニットのアップグレードを行ったことが分かった。2トークンをICE(エンジン)に使用したものとみられる。

2016年イギリスGP木曜 マクラーレン・ホンダのガレージ

 英AUTOSPORTの情報によると、マクラーレンのパートナーであるホンダは、フェルナンド・アロンソとジェンソン・バトン両方のパワーユニットに関し、ICEインテークシステムをアップデートしたという。

 このアップデートには必ずしもICEの交換は必要ないが、アロンソは戦略的理由でイギリスGPで新しい4基目のICEに交換する。

 バトンはすでに4基目のICEに入っており、イギリスではそれを引き続き使用しながらアップデート版インテークシステムを導入する。

 今回のアップデートは燃焼効率とパワーを向上させることを狙ったものだが、ホンダはパワーに関しては大幅な向上は期待していないようだ。
 
 ホンダは今シーズン中初のトークンを使ったアップグレードをカナダで行った。この際、ターボの効率を改善するためにいくぶん排気パワーを要したため、エンジンの出力が減る結果になった。今回のアップデートではそれをリカバーしたい考えだ。

 
 今回2トークン使用したことで、今季のホンダの残りトークンは10となった。現時点で明らかになっている全パワーユニットマニュファクチャラーの今年の使用トークン数と残りトークン数は以下のとおり。

フェラーリ:29トークン使用 (残り3)
ホンダ:22トークン使用 (残り10)
メルセデス:21トークン使用 (残り11)
ルノー:11トークン使用 (残り21)

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月8日(金)15時57分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。