ここから本文です

アキュラ、2017年から北米で投入予定のNSX GT3の走行画像を公開

オートスポーツweb 7月8日(金)9時13分配信

 アメリカン・ホンダ・モーターは7日、2017年から北米で投入を予定しているアキュラNSX GT3のテストシーンの画像を公開した。これまでスタジオでの画像は公開されていたが、実際の走行シーンは初公開となる。

【雨中でテストを行うアキュラNSX GT3】

 アキュラは2017年に向け、FIA-GT3ホモロゲーションのレーシングカーとしてNSX GT3を開発。北米でのレース向けに投入するとしている。市販のNSXと同じくオハイオ州のホンダ・パフォーマンス・マニュファクチャリングセンターで製造され、市販車同様の3.5リッターV6ツインターボエンジンを積む。初期開発には日本のエンジニアリングチームも携わったという。

 今回公開された画像は、ミシガン州のサウスヘブンにあるジンジャーマン・レースウェイでのテストで撮影されたもの。カーボンブラックのボディは市販車の印象を色濃く残しており、最新のGT3カーのような派手な空力処理はまだ見られない。

「生産車のNSXの非常にしっかりとしたベースをもとにして、我々は開発に向け確実な進歩を遂げている。来季NSX GT3が戦うのを見るのが楽しみだ」と語るのは、ホンダ・パフォーマンス・デベロップメント(HPD)代表のアート・サンシアーは語っている。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月8日(金)9時14分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]