ここから本文です

鈴鹿8耐公開合同テストコメント:津田拓也「方向性は違わないので安心した」

オートスポーツweb 7月8日(金)12時48分配信

■津田拓也(YOSHIMURA SUZUKI Shell ADVANCE)
「8耐はいつも難しいです。テストでも苦労しています。転倒があったりもしました。いろいろなトライをしている中で、うまくいかない部分もあったりしています。でも、それでも着実に前に進んでいます。芳賀紀行選手とは初めて同じピットでチームメイトとして組ませてもらいましたが、ピットボックスを共有させてもらうだけで勉強になっています」

「セッティングの方向性は違わないので、少し安心しました。次回のテストにはジョシュ・ブルックス選手が来ますが、それまでにもう少し仕上げたいです」

■渡辺一馬(F.C.C.TSR Honda)
「鈴鹿8耐は子供のころから見ていたレース。そこで常にトップ争いをしているチームで、ライダーとして走れることに感謝しています。鈴鹿8耐で優勝するためにル・マン24時間、ポルティマオ12時間耐久レースにも連れて行ってもらいました。その経験を活かしていい状態でレースできるようにしたいです」

「チームメイトは二人共強いし速いので学ぶことも多いですが、彼らに負けないように頑張りたいです。テストではまだ目標に達していませんが、セッティングやポジションはみんな一緒なので、これからみんなでペースを上げることは難しいことではないです。心配はしていないし、全員がまとめられる力を持っていると思っています」

■ドミニク・エガター(F.C.C.TSR Honda)
「鈴鹿8耐に戻ってこられて、すごくうれしいし、光栄に思っている。鈴鹿はすばらしいサーキットだし、チームは完璧なので、僕もベストを尽くしたい」

「マシンも去年よりもいいバイクが用意されていて、気持ちよく乗れている。3人ともに乗りやすいバイクに仕上がっているよ。ただ、僕が初日に転倒して1台のマシンをつぶしてしまい、1台を3人で乗ることになってしまったことは、本当に申し訳ないと思っている。8耐本番には強いライダーたちが集まる。彼らに負けないように頑張りたい。僕はこれまでに2回、表彰台に登ったけど、あれほど最高の気分は今までに味わったことはない。今年は一番高いところに上がりたいと思っているよ」

■レオン・ハスラム(Team GREEN)
「鈴鹿8耐に呼ばれることは、いつも光栄に感じる。今年は初めてカワサキで鈴鹿8耐を走る。カワサキにとって重要なレースだと分かっているから、勝ちたいと思っている」

「耐久レースは好きだ。環境も雰囲気もいいし、チームの努力がすばらしい。ピットワークは感動さえ覚える。いつもいい経験になるよ。2013年と2014年、2年連続で優勝した。イギリス人では初の連覇達成だ。今年はカワサキに乗って優勝できたら、僕自身も大きな物を得られると思うよ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月8日(金)12時55分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]