ここから本文です

ハリアント「現在の契約はハンガリーGPまで」だが、契約延長へ自信

オートスポーツweb 7月8日(金)16時35分配信

 マノーから今季F1デビューを果たしたリオ・ハリアントは、同チームで残りのレースを戦うことに自信を深めている。

F1で戦う力があると証明できたマノー

 ハリアントは現状で第11戦ハンガリーGPまでの参戦資金を確保しているが、その後のレースについては不透明な状態だった。

 マネージャーを務めるピアース・フニセットは、彼が最終戦まで走れるようにチームと交渉を重ねており、まもなく契約が更新されるようだ。

 ハリアントは「状況が良い方向へ向かうことに自信を持っている」と語る。

「望んでいる結果を手にするために、いまはベストを尽くすことに集中している。交渉が(レースに)影響するようなことはないよ」

「マネージャーに任せているし、彼からは、すべてがうまくいっていると言われた。とにかく自分はプッシュし続けて、チームに最高の結果を与えられるように頑張るだけだよ」

 契約について自信をもっているという件については「そう伝えられている。自分の仕事に集中できるからハッピーだよ」とハリアント。

 マネージャーのフニセットは「ここ数週間で状況は良くなってきている。締結までに、いくつか詰めないといけないことがあるけど、契約に関しては明るい見通しを持っている」と、交渉に手ごたえをつかんでいる。

 マノーは前戦のオーストリアGPで、パスカル・ウェーレインにより、チームが2015年に再出発してから初となるポイントを獲得した。

「チームみんなにとって大きなモチベーションになったよ。火曜日にファクトリーに戻ったら、みんなの幸せそうな顔を見ることができた」とウェーレイン。

「うまくタイヤを使えたことが重要な要素だった。それまで、できなかった温度管理ができたんだ。これまで、その部分に悩まされていたからね。(技術提携している)ウイリアムズからの小さなアップデートもあったし、あとは路面が新しく舗装されて、タイヤに良い影響を及ぼしていたね」

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月8日(金)16時35分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。