ここから本文です

UKエモ/マス・ロック界のエース=TTNG、バンド史上最高傑作の呼び名高いニューALが遂にリリース

Billboard Japan 7月8日(金)20時50分配信

 英オックスフォードを拠点に活動するUKエモ/マス・ロック・トリオ、TTNG(旧:This Town Needs Guns)が、3rdアルバム『Disappointment Island』を<サージェント・ハウス>より2016年7月8日にリリースした。

 2013年リリースの前作『13.0.0.0.0』から約3年ぶりとなる新作『Disappointment Island』は、ベーシストのジェイミー・クーパー脱退後、トリオとして初のアルバムで、タイトルはオークランド諸島のディサポイントメント島からとられている。

 2013年と2015年に行われたセッションから生まれた楽曲は、シェラックのスティーヴ・アルビニが創設した米シカゴの<エレクトリカル・オーディオ>スタジオにてテープ・レコーディングされ、マスタリングはシェラックのボブ・ウェストンが手掛けている。また、バンドの親友マイレッツ(Mylets)ことヘンリー・コーエンも「Empty Palms」にベースで参加。

 彼らの最大の魅力であるテクニカルかつ奥ゆかしいギター・フレーズとエモーショナルな美メロが絡み合い、マス・ロックの可能性をさらに広げるバンド史上最高傑作と言っても過言ではない、力作となっている。

 今作を引っさげ、7月末から行われるUSツアーには、日本のインストゥルメンタル・ロックバンドLITEに加え、Giraffes? Giraffes!が帯同する。

 なお、『Disappointment Island』は現在Soundcloudにて全曲無料試聴が可能となっている。

◎『Disappointment Island』トラックリスト
01.Coconut Crab
02.A Chase of Sorts
03.Consoling Ghosts
04.In Praise of Idleness
05.Whatever, Whenever
06.Bliss Quest
07.There's no 'I' in Time
08.Destroy the Tabernacle!
09.Sponkulus Nodge
10.Empty Palms

◎リリース情報
『Disappointment Island』
TTNG
2016/7/8 RELEASE
http://apple.co/29pr456

最終更新:7月8日(金)20時50分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。