ここから本文です

映画『スター・トレック』登場キャラのスールーは同性愛者 ジョージ・タケイは難色

クランクイン! 7月8日(金)12時33分配信

 映画『ワイルド・スピード』シリーズのジャスティン・リン監督がメガホンを取る『スター・トレック』最新作『スター・トレック BEYOND』。登場するキャラクターの一人、ヒカル・スールーを演じる俳優ジョン・チョーが、スールーが同性愛者であることを明かした。

【関連】ハリウッドで活躍するLGBTセレブカップル<フォト特集>


 ジョンはオーストラリアのHerald Sun紙とのインタビューで、第3弾ではスールーが同性のパートナーとの間に娘がいることを明かしたという。リン監督と、『スター・トレック BEYOND』にスコッティ役で出演し、脚本を執筆したサイモン・ペッグには、テレビドラマ版でスールー(ミスター・カトー)を演じたジョージ・タケイに敬意を払う意図があったという。 タケイは2005年に自らゲイであることをカミングアウトしている。

 ジョンは「大袈裟に描かないアプローチが気に入った。人類が個人の指向を政治的に騒がなくていい方向に進んでいることを願っている」と語っている。

 しかし、当のジョージはスールーがゲイであることに難色を示した。The Hollywood Reporterとのインタビューで、「ゲイのキャラクターがいることは喜ばしいが、残念ながら、(テレビ版クリエイターの)ジーン(・ロッデンベリー)が考えに考え抜いた創作物をねじ曲げることになる。本当に残念でならない」と述べ、歓迎していない様子だ。ジョージはスールーがゲイのキャラクターとして描かれることを知った時に、リン監督に別のゲイ・キャラクターを作ることを提案していたという。

 『スター・トレック BEYOND』は現地時間7月22日より全米公開。日本では10月の公開が予定されている。オリジナル・キャストが再集結し、先に不慮の事故で死去したアントン・イェルチンも出演している。

最終更新:7月8日(金)12時33分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。