ここから本文です

エマ・ワトソン、舞台版ハーマイオニーと対面!「年を重ねた自分を見ているみたい」

クランクイン! 7/8(金) 15:20配信

 映画『ハリー・ポッター』シリーズで人気を博した女優エマ・ワトソンが、ハリー・ポッターの19年後を描く舞台『Harry Potter and the Cursed Child(原題)』を観劇し、楽屋でハーマイオニー役のノーマ・ドゥメズウェニや他のキャストと対面した。

【関連】舞台『Harry Potter and the Cursed Child』楽屋&キャスト陣<フォトギャラリー>


 自身のフェイスブックで舞台を観たことを報告したエマ。「昨日、the Cursed Childを観たわ。何を予想していいかも分からずに観たけど、素晴らしかった。舞台はどことなく、もしかしたら映画よりも美しいのかも。舞台を観たら『死の秘宝』以来、久々にハーマイオニーとストーリーに自分がつながっている気がした」と、率直な感想を述べ、舞台を絶賛した。

 エマはノーマに会い、ハーマイオニーを演じる彼女を舞台で観たことについて「まるでもっと年を重ねた自分を見ているみたい」とノーマに魅せられた様子。人生の先輩に“すべて上手くいく”とアドバイスを受けて、心の安らぎを得たことを告白している。

 「キャストとクルーは私を家族のように迎えてくれて、ノーマは願ったとおりの理想の人だった。彼女は素晴らしい。音楽も美しいし…」と興奮冷め止まぬ様子で綴り、ノーマとハグしている写真はもちろん、他の出演者やクルーと撮った写真を披露した。

 一方、ノーマの方はエマの訪問について「あなたに会って本当に感情が高ぶったわ…。ステキなあなたでいてくれてありがとう。私達みんな心からあなたを尊敬しているわ」とコメントしている。

最終更新:7/8(金) 15:21

クランクイン!

なぜ今? 首相主導の働き方改革