ここから本文です

五輪バドの佐々木選手(トナミ運輸)を激励 高岡市役所

北日本新聞 7月8日(金)11時31分配信

 リオデジャネイロ五輪のバドミントン男子シングルス代表、佐々木翔選手(34)=トナミ運輸=の激励会が8日、高岡市役所で行われ、佐々木選手は「今までやってきたことを全て出したい。内容にこだわり、勝利に結び付けたい」と決意を述べた。

 市役所正面ロビーで行われた歓迎セレモニーでは、多くの市民や職員らに出迎えられ、氷見哲正市教育長から花束が贈られた。

 高橋正樹市長は「バドミントンは高岡市の伝統あるスポーツで、地元として盛り上がっている。メダルを目指して頑張ってほしい」と激励した。佐々木選手は「市民一丸となって応援していただき感謝している。プレーで恩返ししたい」と話した。

 佐々木選手は水口清志市議会議長と金森一郎同副議長からも激励を受けた。

 佐々木選手は6月29日~7月3日に福井県で行われた全日本実業団選手権にトナミ運輸のメンバーとして出場し、連覇を達成。現在は高岡市で調整を続けている。18日から東京での代表合宿に臨み、30日に出発する。

北日本新聞社

最終更新:7月27日(水)13時48分

北日本新聞