ここから本文です

阪神、広島に敗れ再び借金10&最下位 藤浪は自己最多の161球も5敗目

ベースボールキング 7月8日(金)21時39分配信

● 阪神 2 - 8 広島 ○
<13回戦・甲子園>

 投打が噛み合った広島が快勝。対する阪神は、先発の藤浪がキャリア最多となる161球を投げたが、8回8失点で5敗目(4勝)を喫した。

 藤浪は初回、先頭の田中に四球を与えると、2番菊池には左翼線への二塁打を打たれ無死二、三塁。その後、2三振を奪うなど二死満塁までこぎつけたが、6番鈴木に先制となる2点適時打を左前へ運ばれた。

 さらに、続く安部の打席で重盗を仕掛けられると、捕手・岡崎が二塁へ悪送球し3失点目。藤浪はその後も田中に8号ソロを浴びるなど失点を重ね、続投した8回は、二死満塁から代打・岩本に走者一掃の適時三塁を許した。

 若き右腕は今季最多の13三振を奪うも、野手陣の拙守にも足をとられ8回8失点(自責点6)。球数は完封勝利をマークした2015年7月24日DeNA戦(甲子園)の152球を上回る、キャリア最多の161球に達した。

 打線は5点を追う4回、2点を返しなおも無死満塁の好機を迎えるも、7番北條が空振り三振。代打・原口も遊併殺に倒れ、追加点を奪えなかった。

 対する広島は、先発のジョンソンが7回2失点と粘り9勝目(5敗)。打線は阪神とは対照的に効率よく得点を重ね、7安打で8点を奪った。

BASEBALL KING

最終更新:7月8日(金)23時14分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]