ここから本文です

レディオヘッドのフェイスブック、ファンからの画像へのコメントで盛り上がる

RO69(アールオーロック) 7/8(金) 12:40配信

現在北アメリカ・ツアー中のレディオヘッドだが、バンドのオフィシャル・フェイスブックでファンからの書き込みで盛り上がっている。

バンドは新作『ア・ムーン・シェイプト・プール』リリース以来、ツアー以外でのプロモーション活動はほとんど行っておらず、特にウェブでもツアー・スケジュール以外の発信は行ってきていない。ただ、オフィシャル・フェイスブックでは当初『ア・ムーン・シェイプト・プール』のジャケット・アートと関連した抽象的な作品の画像が上げられていたのが、ここにきてバンドのメンバーのさまざまな姿も公開されている。

これにファンがいち早く飛びついていてそれぞれの画像に架空のシチュエーションをコメントすることで盛り上がっている。たとえば、アコースティック・ギターを弾きながらジョニー・グリーンウッドを窺い見ているトム・ヨークのツー・ショットについては次のような会話が行われたのではないかとコメントされている。



「ジョニー、わかった? 誰だってギターを弾けるわけじゃないんだから」

「トム、もうやめろよ! おまえのアコギ・ヴァージョンの“Creep”なんてもう聴きたくないし!」

「トム『ジョニー、いい、このリフの直後にドラム・マシーンを入れようと思ってるんだ』。隣の部屋にいたフィル『ふざけんなよ!』」

「『ジョニー、このギター、チューニングしてくれたって言ってたよね?』『言ったけど、きみのファッキン指の面倒まではみてらんないよ』」

「『わかったよ、これが気に入らないんだったら、ナイジェル(・ゴドリッチ)にどう思うか、訊いてみりゃいいだけの話だよ』」

また、ソファーに髭面のジョニーがギターを抱えながら座っていて、その前にやはり髭面のトムが立ちながらギターのチューニングを合わせようと弦巻のペグをつまんでいる画像については次のようなコメントが寄せられている。



「一瞬わけがわからなくなり、なんでレディオヘッドのフェイスブックで、ジャン・レノがギターをチューニングしていて、若かった頃のジャレッド・レトがやさしげにそれをみつめているのだろうと思ってしまった」

さらに考えられる会話としてはトムによる「これってどうするとまた動き出すんだっけ?」というものも寄せられている。

また、おそらく新作のジャケットとなった作品の前で撮られたフィル・セルウェイの画像のコメントには次のような一文も寄せられている。



「トム、今度の新作では生のドラムも入れてくれてありがとう」

あるいはジョニーがイアホンで音を聴きながらPCを操作している画像には



「彼のコンピューターはOKだ」などとコメントされている。

しかし、一番コメントが多いのは冒頭でもとりあげたトムがアコースティック・ギターを抱えながらジョニーとみつめあっている画像で



「そろそろ地下室にしけこもうか?」、あるいは「とりあえず、これから“Wonderwall”弾きます」というものもある。

バンドのフェイスブックはこちらから。
https://www.facebook.com/radiohead/photos

RO69(アールオーロック)

最終更新:7/8(金) 12:40

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]