ここから本文です

金沢駅西に高級ホテル誘致 2020年春ごろ開業

北國新聞社 7月8日(金)16時11分配信

 金沢市は8日、JR金沢駅金沢港口(西口)の市有地に誘致する高級ホテルを「ハイアットセントリック」にすることを決めた。米ホテル大手ハイアットの最新ブランドで、国内では開発中の東京・銀座に続き2番目の進出となる。オリックスが中心となって建設し、2020年春ごろの開業を目指す。

 ハイアットセントリックは、ハイアットの最新ライフスタイルブランドとして2015年1月に誕生した外資系ホテルで、米国のシカゴやマイアミを中心に展開している。金沢市が国際的に知名度の高い「インターナショナルブランドホテル」の開発事業者を募集し、5件の提案が寄せられ、有識者で構成する審査委員会が優先交渉権者として、オリックスを代表構成員とする事業者を選んだ。

北國新聞社

最終更新:7月8日(金)16時11分

北國新聞社