ここから本文です

セリエA初挑戦クロトーネ、補強の目玉はバロテッリ…「代理人に電話した」

SOCCER KING 7月8日(金)11時45分配信

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランへのレンタル移籍期間が満了を迎え、所属元のリヴァプールでトレーニングを行っているイタリア人FWマリオ・バロテッリの獲得へ向け、クロトーネが代理人に接触した模様だ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が7日に報じている。

 クロトーネは2015-16シーズンのセリエBを2位でフィニッシュし、クラブ史上初となるセリエA昇格を決めた。トップリーグ初挑戦となるシーズンへ向けて、補強の目玉としてバロテッリの獲得を狙っている模様だ。

 報道によると、クロトーネのラファエレ・ヴレンナ会長が「私はバロテッリの代理人であるミノ・ライオラに電話をかけたんだ」とコメント。同選手との接触を認め、以下のように続けた。

「クロトーネは若い才能が成長し、自分自身を表現するために理想的な環境が揃っている。バロテッリはここ2年間、厳しいシーズンを過ごしたね。でも、信じられないほどの才能を持っている選手だ。彼のような選手が復活するために(クロトーネは)ふさわしい場所だよ」

 バロテッリは1990年生まれの25歳。2014-15シーズンはリヴァプールでプレミアリーグ16試合出場1ゴールに終わり、2015-16シーズン開幕前にミランへレンタル移籍で加入した。しかし、同シーズンも不調を脱することができず、セリエAで20試合出場1ゴールを記録するにとどまった。

SOCCER KING

最終更新:7月8日(金)12時24分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]