ここから本文です

中田英寿氏が世界最大級の陶磁器コンペティションの総合プロデューサーに就任

SOCCER KING 7月8日(金)19時8分配信

「国際陶磁器フェスティバル美濃」実行委員会は、世界中から出品される世界最大級の陶磁器コンペティション「国際陶磁器フェスティバル美濃'17」の総合プロデューサーに元日本代表MFの中田英寿氏が就任したことを発表した。

 8日、東京・日本外国特派員協会で行われた記者発表会では、古川雅典氏(多治見市長)、岸敬也氏(岐阜県副知事)とともに中田氏も登壇。国際陶磁器フェスティバル美濃実行委員会会長を務める古川氏は「過去の開催では『国際陶磁器フェスティバル』と銘打ちながらも、どうしても世界に発信することができなかった。今回は、陶磁器の魅力を世界に広く発信したいという強い思いがあり、日本文化に精通し、海外でも多方面で活躍する中田英寿氏にお願いした」と中田氏を起用した理由について説明した。

 2006年の現役引退後、国内47都道府県を旅して日本の伝統文化・工芸などを支援してきた中田氏は「国内のたくさんの工芸の現場や状況を見てきて、素晴らしい物、素晴らしい人がいるということを知りました。こういったことをもっと多くの人に知ってもらうために自分も何かできることがないかと考えていたところにこの話をいただきました。本当に自分がやりたいことのひとつだったのでとても嬉しかったです」とコメント。「日本の良い物を世界に発信していくコンペではなく、世界が日本を目指してやってくるというコンペにしたい」とプロデュースへの意欲を示した。

「国際陶磁器フェスティバル美濃」は陶磁器のデザイン・文化の国際的な交流を通じて、更なる陶磁器産業の発展と文化の高揚を目的に1986年より3年に1度開催されている陶磁器コンペティション。第11回目となる今回は2017年9月15日から10月22日まで開催される予定となっている。

SOCCER KING

最終更新:7月8日(金)19時8分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]