ここから本文です

グリエーズマンは3戦連発で歴代2位の1大会6ゴール、決勝でプラティニの記録に迫れるか

ゲキサカ 7月8日(金)6時23分配信

[7.7 EURO準決勝 ドイツ0-2フランス マルセイユ]

 EURO2016は7日、準決勝を行い、開催国のフランス代表がドイツ代表を2-0で下し、4大会ぶりの決勝進出を決めた。勝利の立役者はFWアントワーヌ・グリエーズマン。決勝トーナメント3戦連発となる2ゴールをマークし、得点ランキングでも首位を快走している。

 前半終了間際のPKでは冷静にGKマヌエル・ノイアーの逆を突き、先制点を決めたグリエーズマン。同27分にはMFポール・ポグバの左クロスをノイアーがパンチングでクリアしたこぼれ球を左足のつま先で押し込んだ。

 この追加点がドイツにとっては今大会初めて流れの中で喫した失点。2得点のグリエーズマンは今大会通算6ゴールとなり、得点ランキングでも2位以下を引き離し、トップを独走している。

 1大会6得点は歴代2位の記録で、1984年大会に9ゴールを記録したミシェル・プラティニ(フランス)に次ぐ数字。ポルトガルと対戦する10日の決勝で、フランスの偉大な先輩である「将軍」にどこまで迫ることができるかも注目される。

最終更新:7月8日(金)12時16分

ゲキサカ