ここから本文です

シトロエン「C3」に新グレード追加 ~南国のビーチをイメージした新色を設定~

オートックワン 7/8(金) 13:54配信

プジョー・シトロエン・ジャポンは、5ドアコンパクトハッチバック「C3」に新グレードを追加、「C3 FEEL(フィール)」として7月8日より発売を開始する。

このニュースのフォトギャラリー

頭上まで広がる広大なゼニスフロントウィンドウや、取り回しのよいラウンドフォルムなどが特徴の「C3」は、デザインと使いやすさに加え経済性や環境適合性を兼ね備えたシロエンの量販コンパクトモデル。

2014年に1.2リッター 3気筒のPureTechエンジンが搭載され、大幅に燃費が改善された。

今回発売される「C3 FEEL」は、シトロエンラインナップの新たなグレード名“FEEL”をネーミングした最初のモデルで、これは今後ブランドのメイングレードとなる。

C3 FEELは、カジュアルな新ファブリックシートと新デザインの16インチホイールキャップを採用し、199万円(消費税込)というお求めやすい価格を実現した。

また、ニューボディカラーの「ブルー バリア」を設定、南国の澄み切ったビーチをイメージしたブルーは、シートのステッチカラーとしても採用されている。バイア(BAHIA)はブラジル中東部の大西洋に面した美しい海岸が続く州の名に由来している。

C3 FEELには、独特な色合いの新色も加わり、シトロエンらしさを“感じる”ことのできる特別仕様車になっている。

最終更新:7/8(金) 13:54

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。